ヤング≒アダルト

レンタルにて鑑賞。

あらすじ・・ ・37歳になるメイビス(シャーリーズ・セロン)は自称作家だが、現在はゴーストライターとして“ヤングアダルト”(少女向け小説)を執筆中。バツイチで恋人ナシ、心の友はアルコールと愛犬という彼女はある日、一通のメールを受け取り、故郷へ帰ることに。昔の恋人バディ(パトリック・ウィルソン)と再会するメイビス。いつまでも大人になれない、そんな規格外の彼女が大騒動を巻き起こした果てに見つける“真実”とは。


画像


学生時代はもてたメイビスだったけど、今はゴーストライターとして働いているが毎日はさえない生活だった。

そんなある日彼女のもとに。元彼からの幸せなメールが・・・・、彼女はあのころのままで成長しちゃっているんだね。でもちょっとわかる気がするな。

ちょっと見方が違うかもだけど、自分が好きだった彼が夢の中に出てくるときは、あのころのままの気落ちと存在だったりする。(なんて私だけだったりしてね)

もう忘れさられているのに、突然夢にでてきちゃったりする。自分の意志とは無関係に。

でもどこかで、あのころの幸せな毎日がよみがえってきちゃうんだろうねぇ。

いつもは思い出さないのにふと楽しかった日々が浮かんで勘違いしちゃう。

コメディタッチなのかと思いきや、違ってた。

シャーリーズ・セロンじゃなくってメイビス役の演技はさすがでした。

この記事へのコメント

タートル
2013年06月30日 23:30
最近記事がないので心配しております。

この記事へのトラックバック